外出先で運営者がわからないWi-Fi基地局にアクセスするのは危険!

パスワードが設定されていない基地局

外出先でWi-Fiの基地局を検索すると、いろいろな名前が出てきます。大抵はどこかの通信会社が運営しているもので、ファミリーレストランやファーストフードに機器が置いてあり、接続しようとするとパスワードを求められるようになっています。また、個人が使っているものももちろんあり、やはり接続を試みるとパスワードを入力するようにという表示が出てくるでしょう。

しかし、いろいろな基地局への接続を試していると、まれにパスワードなしで接続できてしまうことがあります。実際にそういう経験をしたことがあり、インターネットのサイトにアクセスした人もいるかもしれません。しかし、パスワードが設定されていない基地局にアクセスすると、場合によってはプライバシー情報を抜かれてしまうことがあるので注意が必要です。

暗号化通信を行っていないメールは中身を盗み見られる

パスワードが設定されていないWi-Fi基地局というのは、設置者が設定をし忘れたか、あるいはなんらかの理由で意図的に設定していないかのどちらかですが、問題なのは後者の方です。誰にでもWi-Fiを使わせてあげるという親切心を感じさせておいて、実はデータを盗み見る目的を持っているかもしれません。

一番危険なのは、スマホを使ってプロバイダのメールアドレスでメールの送受信を行う場合です。プロバイダのメールというのは未だにSSLやTLSで接続せず、暗号化せずにデータを送受信していることが多いので、Wi-Fi基地局の運営者にメールの中身をすべて読まれる可能性があります。したがって外出先でWi-Fiを使おうとする場合は、必ず契約しているサービスだけを利用するようにしましょう。飲食店などが提供しているWi-Fiは安全そうですが、できれば使わない方が無難です。

シュレッダーを使っていると紙詰まりをすることがあります。そんな時は手動で逆回転させてみましょう。詰まった紙が取れることがあります。もし取れなければ力ずくで刃から紙を取り除きます。