シーリングのLED照明は10年使える?LED電球で寿命が違う理由は?

シーリングタイプのLED照明の寿命

リビングなどの天井に取り付ける照明器具としてシーリング照明があります。かつてはドーナツ型の蛍光灯を2つから3つ取付ける仕様が多かったですが、最近はLED照明タイプが増え蛍光灯のように取り換えができなくなりました。蛍光灯であれば切れれば蛍光灯のみを交換すればよかったですが、LEDのシーリング照明は切れたら照明器具そのものを交換しないといけないのでコストが気になるでしょう。使えなくなるまでの寿命としては大体の製品が10年ぐらいになっているので、蛍光灯のタイプを使うのとコスト的にはそれほど変わらないようです。LEDの発光部分の寿命は理論上は半永久的とされているので、うまく使えば10年よりもっと長く使える可能性もあります。逆に10年未満になるときもあります。

LED電球によって寿命が異なる理由

身近な照明として白熱電球があり非常に安く購入できます。内部のフィラメントが熱により発光する原理で、フィラメントが切れると寿命となり使えません。LED電球は見た目は白熱電球に似ていますが、発光の仕組みは全く異なります。中にLEDがいくつか組み込まれていて、そちらに電気が流れると発光して照明器具の役割を果たします。ただ白熱電球のように単純に電流を流すのではなく、制御をしながら電流を流す仕組みか必要です。LED電球の寿命はLEDが切れるときではなく制御の仕組みが故障したときです。値段の高いLED電球は制御装置がしっかり作られているのでそれなりに寿命も長くなり、値段の安いLED電球は制御装置が単純で傷みやすくあまり寿命は長くありません。

ledパネルは、耐久性の高さや維持費の安さなどの理由で今や様々な工業製品や信号、家電製品などに応用されています。