ホームページの基本的情報や作り方について

ホームページとWebサイトの違いとは?

「ホームページ」という語句と「Webサイト」という語句は、同義語だと思っているインターネット初心者も数多く存在すると言われます。しかし、この2語は同義語ではなく、微妙に意味合いや目的が違います。まず「ホームページ」というものは、個人が自分やペットを含めた家族、あるいは自分作品を発信するために開設するようなものです。つまり情報に自分が絡んでいるほか、情報量が少ない事・広告収入を稼ぐ事を目的としていたメディアではない事が大きな特徴といえます。一方、「Webサイト」は自分や身の回りの情報というよりも、一つのテーマに関する情報を不特定多数の人達に発信する事を目的としたメディアの事を指す傾向です。開設者は毎日少しずつアクセス数(ページビュー)を増やす事を目指して運営するほか、サイトに広告を掲載して多額の収入を得る事を目指します。ホームページとは小さなコミュニティーの中で互いのメディアを楽しみ合うものであるため、不特定多数の人に情報を発信するという点は大きな違いです。

小規模なホームページはすぐに作れる

月間10万・100万ページビューを目指す大規模なWebサイトを作るとなると、かなり準備に時間がかかりますし外注すると相当な費用がかかります。一方、合計10ページ程度で構成された小規模なホームページとは、誰でも簡単に作れます。1990年代頃はレンタルサーバーを借りて手書きでページを作り、FTPソフトで転送するのが一般的でしたが現代においてその必要はありません。無料のクラウド型CMSを利用すれば、手書きより圧倒的にデザインレベルが高い素敵なホームページを即日作り上げる事が出来ます。

ホームページ作成は、用途によりますが、クオリティの高いページにするためには、様々なWeb言語やセキュリティ、SEO対策などのスキルが必要となります。