iPhoneを故障させてしまった!データを残したまま修理する方法は?

iPhoneを壊してしまった時の修理方法

iPhoneを水没させてしまったり、誤って落として画面がバキバキに割れてしまったりということはよくあります。そういった状況になった場合には、当然修理をしなければなりません。しかし、iPhoneはAndroidスマホのように外部ストレージではなく内部ストレージに保存する形になっています。したがって、修理をするとデータも一緒に飛んでしまうのではないかと考えている人も多いでしょう。では、データを残したままiPhoneを修理するにはどのような方法があるのでしょうか。

オフィシャルの修理はデータが消える

まずiPhoneが壊れた場合、まずはオフィシャルの修理を検討するという人が多いでしょう。しかし、オフィシャルの修理ではデータは消えてしまいます。したがって、オフィシャルで修理したいという場合には普段からデータのバックアップなどを定期的に行っておく必要があります。

町中の修理ショップはデータそのまま

iPhoneのデータを残したまま修理をしたいという場合には、町中にあるiPhoneの修理ショップを利用すると良いでしょう。これらの修理ショップは、基本的にデータを保存したまま修理をしてくれるので修理後はそのまま利用することが可能です。ただし、オフィシャルの修理ではないので、保証などが利かなくなるので注意が必要です。

修理ショップが近場になくても安心

町中の修理ショップで修理してもらいたいけど近場にお店がないという人もいるでしょう。最近では郵送で修理の受付をしているショップも多数あります。どうしてもデータを残したまま修理をしたい場合には、郵送料などが別途必要になりますが郵送で修理依頼するのも手です。

iPhone修理は、iPhoneを快適な状態で使いたい、iPhoneの安全性や利便性を確保したいなどの願望を叶えるための手段です。